第2回 近笑会100kmウォーク[第20話 2008年2月9日~10日:40回目]

 今日は2020年6月6日(土)。
 5月も終わり6月に入った。
 気温は30℃近く暑い。半パンとTシャツでちょうどいい。
 コロナも一段落で近畿地方は感染者のゼロが続く。
 国からの"アベノマスク"はまだ届かない。橋本市からは3000円分の商品券が届いているし、橋本市のマスクも届いているのに!
  
 今日は、2008年2月9日に実施された近笑会の100kmを綴ってみます。
 2007年の秋に近笑会100kmが催されたけれど台風が接近していて60kmで中止となった。おいらは参加していないけど。
 今回は真冬の100kmだ。こんな時期に100kmは珍しい。
 コースは姫路城から大阪城を越えて天王寺までの100kmだ。
 こんな寒い中、100kmウォーク好きの連中が集ってきている。
 出発は10時。最後まで完歩した人は40名ぐらいと。40kmや60kmを目標に歩いた人も大勢いたとか。
 小雪降る中のスタートだ。
 ☆受付(9:36)
P2090005D.JPG
 ☆いざ出発(9:59)
 雪がちらついているし寒そうですね。姫路城がうっすらと見えています。
P2090011D.JPG
 ☆加古川にて昼食(12:58)
 ちょっと遅めの昼食です。寒いので水分補給もせずに済んでいるし、ビールも飲んでいませんね。 
P2090013D.jpg
 ☆舞子を過ぎて夕食(18:22)
 昼食以降は雪から小雨に変ってきました。
 途中のトイレ休憩などで仲間も散り散りバラバラになっていきます。
 朝霧駅のチェックポイントで40km。チョコとスポーツ飲料をいただく。
 明石のT氏の娘さんが健康チェックをしてくれていました。
 明石を過ぎると雨も止んだようです。
 舞子を過ぎて暗くなってきたので夕食です。ついつい調子に乗ってビールを飲んでしまいました。
 100km歩いた翌日に橋本市のハーフマラソンがあるというのに。
P2090015D.jpg
 ☆三ノ宮チェックポイント60km(21:48)
 ここで、奈良のA嬢とお別れ。
 今度は、夜食の心配だ。地面は雪が積もって歩きにくいし凍っているようだ。温度は1,2℃。寒い。
P2090018D.jpg
 ☆凍てつく歩道(1:19)
 歩道が凍り付いています。眠気も失せて滑らないように必死に歩きます。
 こんな夜中でも神戸市内ではカラオケが聞こえたり、酔っぱらいがうろついていましたね。
P2100019D.jpg
 ☆神崎大橋(3:00)
 神崎大橋を過ぎ、歌島の地下道を潜り、3時半過ぎには淀川大橋を渡って大阪市内に入ります。
P2100021D.jpg
 ☆東天満チェックポイント(4:47)
 ここは5時からの受付だったけれど4時半から受付を始めたそうな。スタッフの方は寒いのにご苦労様です。
 谷町筋を天王寺方面に向かってゆっくり登りになっています。
P2100024D.jpg
 ☆天王寺駅前ゴール(5:57)
 やっとゴールだ。完歩証とビールを頂く。ありがとうございました。寒い寒い。
 反省会もせずみなさんとバイバイ。
 新今宮駅で酎ハイを飲みたくなり飲んで気持ちよく電車で熟睡。
P2100025D.jpg
 帰ってからゆっくり風呂に入り、ビールを飲んで昼すぎまで熟睡。
 寒かったせいか足の具合はパンパンにはなっていない。
 早めに夕食を摂ってまたゆっくり寝ます。
 翌朝も疲れは残っているようなそうでもないような。
 とりあえず、地元の県立体育館まで行って走る準備をする。

 まあ、ハーフマラソンだから2時間ぐらい走ればいいんだと思った。
 運動場を三周して外周道路に出るんだけれどこの三周がしんどかったですね。
 あとは惰性で何とか走れました。
 時間は2時間3分。
 2時間を少しオーバーしてしまいましたが完走です。

 100km歩いて翌日のハーフはやっぱりしんどかったのを思い出す100kmでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント