第32回 小豆島一周100km24時間連続歩行ホステリング大会 [第26話 2008年10月4日~6日:46回目]

 今日は2020年8月20日。
 相変わらず暑い日が続いています。
 毎日朝夕の庭木の水やりが日課になっています。
 朝の散歩以外は外に出ないように過ごしています。
 熱中症で亡くなる人が多いようです。
 熱中症の後遺症もあまり知られていないけれど大変です。
 特に、年寄りは認知機能が低下すると・・・。

 今日は、2008年10月の小豆島一周の100kmの話です。
 32回続いている大会は珍しいですね。
 でも、この大会も今ではなくなっているのです。
 小豆島はいいところなんですがね。

 ☆コース概略
 オリーブYH(18:30START)→吉野分岐(CP18.9km)→土庄町役場①(CP29.4km〔うどん&おにぎり〕)→土庄町役場②(CP40.4km〔コーヒー〕)→屋形崎BS(52.7km)→大部公民館(CP59.6km〔パン&牛乳&豚汁〕)→福田港(71.8km)→橘峠BS(CP82.4km〔冷えた梨〕)→坂手港(94km)→草壁港(98.8km)→オリーブYH(100.4km18:30GOAL)

 小豆島は今回で8回目。最近は隔年の参加。
 8会参加すると10回参加したくなる。

 家を6:30に出て大阪駅から姫路へは運賃の安い阪神電車で向かう。
 梅田8:30の特急でビールを飲みながら飾磨に9:56着(1230円)。ここから姫路港まで歩いて行く。歩いても40分もかからない。
 姫路港では久しぶりに3名の歩友と逢う。姫路港11:15発福田港12:55着(1190円割引運賃)。
 いつもは福田港で1時間ほど待たなければならないけれどすぐにバスに乗れた。
 福田港からオリーブYH前で下車(780円)。ユースには13:40と早く到着だ。
 電車で寝。フェリーで寝。ユースでも仮眠を取ることができた。おかげで眠りながらの歩行はほぼなかった。
 今回のエントリーは84名。実参加は72名とか。
 顔見知りも少なくちょっぴり寂しい。特におなごしさんがおらん。おっさんばっかり。
 ひょっとして今回は夜道を一人歩きか。
 いつものように夕食をいただき、体育館で説明、写真撮影が終わり18:30の電波時計に合わせてスタート。

 オリーブYHのマネージャーも若い方に代わっておられ、ゴール後の入浴も12:00からOKとなって早く着いた人にはありがたいだろうなぁと思った。

 ☆スタート前(17:20) 
PA040001P.jpg
 
PA040002P.jpg

 スタートはいつも後ろの方で顔見知りはほとんど先頭。
 最近、顔を覚えた大阪のK氏と話しながら歩く。
 9月の初めに佐渡島210km48時間レースに出たとのこと。初めの休憩場所が96km地点。
 なんとウルトラマラソンではあるが上には上があるんだなぁと思った。
 まだ、そのレースからひと月も経っていないからゆっくりのんびり歩かれるということでお先に失礼しました。

 ☆吉野分岐CP(18.9km)(21:33)
PA040004P.jpg

 とにかく、土庄町役場(29.4km)の夜食の場所までは頑張らなくては、到着するとすでに先頭集団はスタートしたと。
 前回からコースが変更になり、もう一度この場所に戻ることを聞き、それでは荷物を置かせてもらうことにしてうどんを平らげてすぐに出発。
 おかげでうどんのサービスを受けている写真を撮りぞこなってしまった。
 身軽になって約12kmを追いかけることにした。

 懐中電灯とタスキをかけて出かけたもののコースがうる覚えのため不安になる。
 兎に角2時間ぐらいで戻ればいいのだと思い急ぐ。
 以前のコースを思い出し、以前夜食を食べたところまで行ってしまった。
 きれいなネオンがピカピカ光ってきれいな姉ちゃんがたくさんいるところだ。
 案の定、オレンジやピンクのワンピース姿の外国人がお客様をお見送り。
 おいらはその横を恨めしそうに一人通り過ぎていく。
 ちょっと大回りしてなんとかもとの土庄町役場の近くまで戻ると顔なじみの川西のK氏が前を歩いているではないか。
 やっと追いついてほっとする。もう少しで町役場。
 向こうから一人のんびり歩いてくる人がいる。どうも12km遅れの人か。
 方向が間違っていることを告げる。これから12kmはしんどいなぁ。
 あの歩きでは2時間以上はかかりそうだ。24時間以内には戻れそうにないと余計な心配をする。

 ☆土庄町役場②(CP0.4km)(1:01) 
PA050006P.jpg
 やっと、町役場に戻りコーヒーをいただきK氏と大部まで同行する。
 これから、大部まで夜中の一人歩きにならずに一安心。
 先頭には数名が歩いていると。

 ☆尾形崎BS(52.7km)(3:18) 
PA050007P.jpg
 尾形崎BSで休憩しているとポチポチと雨模様。いよいよ雨かと。
 雨支度をして出発するけれど傘をさすほどでもなく大部に到着。

 ☆大部公民館(CP59.6km)(4:32) 
PA050008P.jpg
 大部で朝食をよばれ5時過ぎにスタート。ここからまた一人旅。
 だけど明るくなっているので寂しくはなさそう。
 次第に雨がひどくなりゴールまでずぶ濡れを覚悟する。

 ☆展望台私設サービス(66.8km)(6:18) 
PA050009P.jpg
 私設サービスのスタッフをされている方は今回は歩かずにサポートを申し出られたとか。
 三河のおひと。三河の100kmにどうぞとのこと。(岡崎市のT氏、豊田市のH氏)
 以前、おいらも歩いてみようと申込書を取り寄せたが参加費用が16,000円と高くて躊躇してしまったのを思い出す。
 北海道(空知)の歩けもあるので是非とのこと。

 ☆福田港(71.8km)(7:05) 
PA050010P.jpg
 福田港ではいつものように一人であるがビールを飲み福田港の待合室で休憩。
 しばらくするとK氏到着。入れ違いでまたとぼとぼ一人で歩く。
 このあとは、黙々と雨の中を休むこともなく橘峠まで歩き続ける。

 ☆南風台BS(79.7km)(8:42)
 雨の中の南風台も黙々と通り過ぎる。 
PA050011P.jpg

 ☆橘峠CP(82.4km)(9:15)
 雨の中をスタッフの方が待機してくれています。
 いつも美味しい冷たい梨をいただき休むこともなく梨を食べながら進みます。
PA050013P.jpg

 ☆大角鼻灯台入口(88.7km)(10:19)
PA050014P.jpg
 灯台入り口の休憩所も休む気もなく飲み物のサービスも受けることなく進みます。

 静かな雨の降る道を進んでいると前方に親子ずれの鹿が何かを食べているではないか。
 この辺は鹿や猿がいるのだけれど鹿は初めて見る。
 シャッターチャンスと思いきや。カメラを用意する間に道の下に降りて行って見えなくなってしまった。
 奈良の鹿と違ってきれいでしたね。野生のシカはほっそりとしてとってもきれいですね。

 今年は、雨が降っているせいか、暑くもなく、じっとしていると寒いくらいで休憩もしなくていいし、汗もかかないから飲み物もあまり飲みませんね。体力の消耗が少なくていいですね。

 ☆坂手港BS(94km)(11:24)
 時間はたっぷりしお腹も空いてきたので坂手港のバス停でおにぎりを食べて休憩だ。
 雨が降っているせいか、汗もかかないし、それほど疲労感もないし、ゆったりした気持ちでおにぎりを食べていると、
 前方の家の雨戸にピーチク・パーチクやかましくスズメたちが雨宿りをしています。 
PA050017P.jpg
 雨の中、スズメたちも頑張っていますね。
 今回は、一人歩きであったため灯台からの道すがらにリスやシカを見ることができたし、元気なスズメたちの姿にも感動したし。

 おにぎりを食べているうちに体が冷えてきて雨も降っているので二十四の瞳まで歩いてみようかという気持ちもそがれてしまったね。

 草壁港までの道も雨が降っているせいか人通りがほとんどないですね。
 寒くて、醤油アイスや佃煮アイスも食べる気がしなかったのが残念。

 食べ歩きもなく、寄り道もせず、とうとう早めのゴールとなってしまった。
 ゴール前にちゃんと酒屋でビールはGETしております。

 ☆美人さんに迎えられてゴール(12:42) 
PA050018P.jpg

 ゴールして風呂に入って、ビールを飲んで皆さんが帰ってくるまで一寝入り。
 夕食と表彰式にも望みましたし。
 表彰式では高砂のN氏や川西のK氏が10回目と言うことでオリーブの冠とトレーナーを貰っていましたね。
 おいらは後2回頑張らなければもらえませんね。

 でも、会を運営している人からは高齢のためこの大会もいつおしまいになるかわからないと暗い話でした。

  今回は、雨でもあり仲間との歩行も少なく早めのゴールとなってしまいました。
 今月末にはまた大阪での100kmが待っています。

 2008年ごろはよく元気に歩いていますね。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント